昔から好きなホラー・不明瞭小説について

ぼくは迷宮本が好きです。昔はシャーロック・ホームズなどの簡単な推論物品からムーミンシリーズやピーターラビットの絵本など可愛い物品まで幅広く読んでいました。しかし高校になった時分からスプラッター系ホラービデオばかり観たり、迷宮ホラー本ばかり掴むようになりました。その時世に姉に教えてもらった江戸川乱歩の短編集で、正式は完全に迷宮派になりました。
迷宮の取り分けとりわけ不気味な伝記ものを好んで読んでいます。特に京極夏彦や夢枕獏のような物の怪ものの本を書くアーティストが好きです。江戸川乱歩は物の怪のおしゃべりは書きませんが、奇形や変質人をテーマにしたおしゃべりが手広く、そんなこの世から外れた異端な陣営をえがくシナリオに惹かれます。
江戸川乱歩の中でぼくがダントツで好きな力作が、「人柄椅子」だ。ジョークバレになるのでシナリオは書きませんが、最後に二転三転始めるどんでん返しにはただただ茫然としました。短編なので少し読めて手軽なのでおすすめです。
京極夏彦だと、やけに代名詞ではありますが「魍魎の匣」が好きです。長編なので苦手な人様は下手かもしれませんが、時間をかけてよむ値打はありますし、一気に読み進めて仕舞う面白さだ。様子叙述がとっても賢く、国中独特の景色が一気に浮かぶところが好きで「魍魎の匣」が面白いと感じ取る人様であれば、「継母獲鳥の夏季」など種類で通して掴むことをおすすめします。どれも長編ですが、可笑しいだ。
今日読んで面白かったのは、スティーブン・王様の短編集「バストマン」だ。全体的に陰湿でグロテスクで下品さをまとった力作だ。やはりこれはほめ言い回しだ。いくつか収録されてある短編の取り分け、別に「浮き席」「生き残るヒト」がぞくぞくして面白かっただ。「浮き席」は物の怪ものにほど近い感想があり、「生き残るヒト」は日常の中に狂気が混ざっているようなホラーだ。どれもライブラリーにとことん置いてあるので、とにかく読んでください。スピード審査借入