エドワード・ゴーリーの優雅な要因展へ行ってきました

最近、伊丹市立博物館で開催された「エドワード・ゴーリーの優雅なファクター展」へ行ってきました。あたしがエドワード・ゴーリーを知ったのは大学生の位で、お姉ちゃんに「ダークでうれしいピクチャーブックがあるよ」というのが足がかりでした。
ゴーリーの作はどれも暗くてメチャクチャなものがほとんどです。何ともない面構えを通して顧客をいたぶるような写生が多く、ピクチャーブックといってもアダルト限定だ。そういったゴーリーの作ですが、ヒーローはとても良いものが多いです。ピクチャーブックの子どもたちは自身とぼけ顏で、不思議な架空の生物も」豊か登場します。なかでも最も信望なのが、「うろんな客席」の謎の生物だ。これはものにもなっているのですが、めったに見かけない結果、館内のグッズストアーは顧客であふれかえっていました。位置づけカードはほとんどの人が購入していました。トートバッグってマグカップ、セル画図、iphoneケースも欲しかったのですが、コストを見て断念しました。ネットでもゴーリーのグッズはずいぶん見つからないので、購入しておけばよかったかなと、遅まきの悔恨だ。借金 電話相談